ニキビやにきび跡トラブルは美容外科で改善~納得!知っ得美容術~

女性

原因や予防方法

ホルモンバランスも要因

ボディ

ニキビは、思春期の男性ホルモンバランスの乱れが要因で起きやすい物です。しかし思春期以外でも、ニキビが出来る場合も少なくありません。その原因となるのが、ストレスや紫外線等です。特に紫外線は、肌にとっては大敵と言えます。紫外線を受ける事で、肌の表面や内部は炎症を起こしてしまい、ニキビや老化の原因になるのです。

予防方法

特に汗をかいた場合等は、肌を清潔に保つ為に拭きとっておく必要があります。ただし、肌が正常な機能を保つ為には、一定の水分や脂分も必要です。その為、過剰に洗顔しすぎる事は、肌が敏感な状態になるので注意しておきましょう。また洗顔だけでなく、ケアの方法も大事になってきます。特に肌は乾燥に弱いので、水分補給の効果がある化粧水等のケアは充分に行っておくべきです。ただしニキビが出来やすい場合は、油分が多く含まれているクリーム類は、あまり使わないようにしておく方が良いと言えます。また化粧も肌荒れやニキビ等の症状がある場合には、極力避けておくべきです。化粧を厚く塗る事で、毛穴が塞がってしまい汚れが溜まってしまう事で、症状の悪化を招いてしまいます。また食べ物にも意識を払っておくべきです。特にビタミンを多く含んでいる野菜は、肌に良い効果をもたらしてくれます。このように美容外科での治療後、再度ニキビや肌荒れを引き起こさない為には、予防を行う事が大切だと言えるのです。